【DIY】10㎝ブロックで目隠しの壁を作り「うま~くヌレール」使って漆喰を塗ってみた。

ウッドデッキから道路が丸見えでどうにかならないかな?っというのがきっかけです。

自分のスペックは素人から始めてDIY歴10年で漆喰壁に挑戦しました。

DIY歴10年といっても家を建ててから庭にお金をかける余裕がないので仕方なくやっているところから始まっています。

ですがやっていくうちに知識も深まり、知り合いに「ひとりで作ったの?」「すごいね」なんて言われてやりがいを感じるようになってきたわけです。

ネットで拾った知識のみで目隠し漆喰壁作ってみた。

ネットで拾った知識だけで作りましたのであくまで素人でもここまでできるんだよって事で参考にしてもらえたらと思います。

結果として下記のような漆喰壁ができたんですがいろいろ手抜きした部分もあります。(手抜きした理由は記事後半に説明します。)

表から見た漆喰壁

下は隠れるので適当です(^^)/

裏から見た漆喰壁

「こんな漆喰壁を作ってみたい」っと思っている方に少しでも参考になればとおもいます。

漆喰壁イチから作成

漆喰の壁を作った理由を簡単に説明したいと思います。

理由①目隠しとしての壁を作りたかった
②ブロック積がきれいに積めないので誤魔化せる方法として漆喰を塗ってみたかったから
③YOUTUBE見てできそうだなと思ったから

という簡単な理由で挑戦しているのでたぶん誰でもできます。
ここからは写真を使って作成手順を説明していきます。

1、穴掘りと土台のコンクリート流し作成

穴掘りする前にまずは基準決め。

水糸張ってできるだけまっすぐに掘っていきました。

簡単に掘りましたっと言っていますが地盤が固くかなり大変でした。

使った道具は「つるはし」と「剣スコップ」のみの手作業

剣スコップ 木柄 鉄製 アサノヤ産D

穴掘りの深さ50㎝、長さ約5メートルをひたすら掘りました。
仕事の合間に少しづつ掘って3日間くらいで掘り終わりましたがかなり大変でしたが筋トレのつもりで掘り進めていくとモチベーションアップにもなりました。

モチベーションアップアップの方法・音楽を聴く
・できれば友達と一緒に作業する。
・出来上がりを想像する。
・筋トレだと思い込むなど
POINT:地道な作業で嫌気がさすのでモチベーションアップの方法を考えておくのはかなり重要

穴掘り終わったらコンクリート流します。

コンクリはフェンスつくりの時に手練りを経験してかなり大変なのは分かっているのでコンクリートミキサーを買っちゃいました。

コンクリートミキサーを組み立てるのに地味に苦労しました。これ結構重たいので二人で組み立てることをおすすめします。組み立て時間は約1時間息子に手伝ってもらいました。

このコンクリートミキサーは楽天で購入しました↓

140リットルで一回練れる量は

・セメント 20kg×1

・砂 25kg×2

・砂利 25kg×4

上記の量が限界かなと感じました。あふれてくるので

近所の人には「これ何?」とか「業者きてるのかと思った」とかってかなり聞かれましたけど(笑)

将来的には自宅の駐車場をDIYでコンクリートするのに必要だったので購入したってのが一番の理由です。なので結構大きめのコンクリートミキサーを購入しました。

2、コンクリート流し終わり

邪魔なんで水糸とって適当にコンクリ流しました。

コンクリの高さはだいたいです。

この上に10㎝ブロックを並べるのですがモルタルで高さはある程度揃えられるので細かいことは気にしていません。

後日振動ドリルで穴をあけ180㎝の鉄筋をホームセンターで買ってきて打ち込みました。

穴をあける際はブロックを仮置きしてだいたいで穴をあけました。

このだいたいが後々苦労することになってしまいましたが・・・(+_+)

ちなみに横筋ブロックを大量に買ってしまいましたが基本の空洞ブロックを使うべきなはずです。

ブロック積むのに水糸は必須なので時間をかけてきれいに張ったつもりです。

そして一段目が終わりました。

水糸はブロックより少し浮かせて張りましょう。触れると基準がズレてしまうので

2段目も終わりました。

手前のブロックは2段しか積みません。

暗くなったので今日はこれで終わりです。

土台終わったので漆喰の壁を作る

上の写真が3段目積んでいる所です。

3段目は横に鉄筋を入れて倒壊しないように対策しています。

一応ブロックの積み方は勉強したつもりですが間違っている可能性もありますので参考程度にしてください。

道路に面したブロック積みの場合、地震などで倒れたりしてケガなどさせたら大変なことになるのでちゃんと調べましょう。

なんとか7段目まで積んだところです。

ここまで積んで思うのは面倒でも一段一段水糸を張るべきと思いました。

下のブロックを基準にやればズレないだろうと思って積んでいてもズレますし、なんだかんだ効率が悪い。

なので面倒でも水糸を張りましょう。

仕事終わりに少しずつ積んだり休みの日に子供たちのスポ少や部活の送迎の合間に積んだりと地道に積んでなんとか8段積み終わりました。

一応素人なりにまっすぐ積めたと思っています。

余談ですが子供3人いる37歳のオヤジです。(中学2年の息子、小学5年の息子、1歳娘)

と子育て真っ最中でも時間を作って頑張ればできますよ。

軽量モルタルを塗る

ブロックの上に漆喰を塗ると目地が見えてしまうので軽量モルタルを塗ってから漆喰を塗る作戦です。

表から見る場合ブロックの上に塗ってるなっていう素人感が嫌だったので軽量モルタル塗りました。普通のモルタルと明らかに違い、壁に少しずつ塗れば落ちてくることはありません。

近所のホームセンター購入したのがこれです。

結構楽しい作業です。

当然ですがプロみたいにきれいには塗れません。

この上に漆喰塗るんでこんな感じでいいのです。

やっと漆喰を塗る

ホームセンターを探してやっと見つけました。

素人でも簡単に塗れる漆喰その名も「うま~くヌレール」ネーミングがいいですね。

YOUTUBEで動画見たりして勉強したので早く塗りたかったです。

上の写真は嫁が塗ってます。

終わりかけにきて最後の楽しみをとられました。

この漆喰は思った以上に簡単でDIYをしたことのない嫁でも「生クリームみたい」って言いながら塗ってました。

ちなみに節約のため下地の漆喰塗らなかったけど特に問題なさそうです。時間経過とともにどうなるか分かりませんけど(笑)

そして漆喰壁ついに完成

穴掘りから完成するまで約2週間くらいでできました。

大変だったけど充実感は半端なかったです。

プロから見たら相当ひどい作品なのかも知れませんがDIYは自己満足できればいいと思ってやっているので大満足です。

漆喰壁以外の写っている小屋とかフェンスなどもすべてDIYで作りました。

いつか記事にしたいと思います。